牛が食べているもの。

牛がいつものようにエサを食べています。
b0047734_016145.jpg

ちょっと寄って見てみましょう。
b0047734_0164036.jpg

うちの農場ではTMRという方式でエサを給与しています。要するに牛に必要なものをぜーんぶ混ぜて与えるのです。その方が胃の中のpHが安定して良いそうです。ベースになるのはサイレージ。サイロに詰めて発酵させた牧草やデントコーン(飼料用とうもろこし)です。写真の草のようなものが牧草サイレージ、中央の下のほうの白い丸いのはデントコーンの芯です。そこに配合飼料やビタミン、ミネラル類を混ぜてあります。黄色い粒は配合飼料に含まれるコーンの粒です。

うちの農場では搾乳牛を乳量などで4つのグループに分け、それぞれに応じて配合したエサを与えています。そのために乳牛も毎月全頭の乳量・乳成分を調べ(乳牛検定)、サイレージも定期的に栄養分を分析して(飼料分析)、パソコンで配合割合を計算しています。そして実際に給与しながら牛の食べ具合や体調・乳量の変化を見て微調整をしていきます。

ちなみにエサを混ぜるミキサーはこれ↓
b0047734_033893.jpg

トラクターで引っ張ってるオレンジの部分がミキサーです。上からサイレージなどを投入して混ぜた後、牛舎の牛の前を走りながら、横の排出口からエサを牛に与えます。

「牧歌的な、のんびりのどかな牛との生活」とはちょっと(だいぶ?)違うかもしれませんね。
[PR]

by t_akisato | 2006-04-12 00:41 |