バラ線修理、その後。

下の記事の翌日もバラ線修理に行く。
・しばらく仕事をしていて、ケータイを落としたことに気づく。
・2時間ほど探しても見つからず。
・翌日またバラ線修理に行く。
・ついでにまたケータイ探す。
川の中で発見!
・本体はあきらめて、夜、仕事終了後ケータイを買いに行く。

というわけで、このブログの更新に使ってきた手になじんだケータイがお亡くなりになったので更新が滞っております。
今回の件でびっくりだったのが、ケータイと一緒に一晩川の底にあったminiSDカードが生きていたということです。おかげで電話帳が修復できました。やるな!Panasonic!

で、新しいケータイのカメラのレンズにセロハンテープを貼るべきかどうかが今の悩みです。
[PR]

by t_akisato | 2007-05-25 14:38 |